開催趣旨  


 免疫チェックポイント阻害剤によるがん免疫療法は、がん治療に新たな選択枝を提供するようになったが、全ての患者さんに対して治療効果が認められるわけではなく、治療効果が期待できる患者さんを選択する鍵となる薬効バイオマーカーの検討などとともに、組換え自家免疫細胞治療の臨床応用も検討されており、個々の患者さんの免疫状態に応じた適切ながんに対する個別化医療が治療としていよいよ現実化しつつある。
 また、NGSの普及により、腫瘍内のがん遺伝子の変異、融合および増幅などを患者さんごとに診断することが可能となったことから、例えば、非小細胞肺がんの約半数の患者さんで何らかの遺伝子変化が同定されるようになった。近年、新たに同定されたALK融合遺伝子を標的とした新規治療薬(Alectinib)が素晴らしい治療効果を示したことから、全国規模で患者さんの変異遺伝子を同定し、それらの変異遺伝子を選択的に阻害する新薬の臨床試験には、該当する変異遺伝子を持つ患者さんを同定して割り付ける治験体制が今年から本格的にスタートしている(SCRUM-JAPAN)。
 更に、遺伝子検査の結果を基に患者ごとの鎮痛薬感受性を予測して疼痛管理を行うテーラーメイド疼痛治療法も開発されつつあり、がんの緩和ケアに対しての応用も期待されている。稀少ながんに対しても複数の施設が連携して症例の情報集約化を行う治療体制の構築が試みられており、従来とは異なる枠組みの中から新たな治療法が開発されることが期待される。
 今回の談話会では、個別化医療に取り組まれている代表的な先生方をお招きし、個別化医療の現状と課題、および将来の展望について討議をしていただく予定である。

世話人:中島 元夫(SBIファーマ株式会社)      
藤田 芳司(東京理科大学・福島県立医科大学)
赤羽 浩一(第一三共株式会社)       

 ゲノム創薬・医療フォーラム第4回談話会TOPに戻る

   
Copyright (c) GENOME-Network, Inc. 2001